羽生結弦 FS 2019 Autumn Classic International

テレビ

2019 Autumn Classic Inernational / 2019-09-14 / カナダ・オークビル

前日のショートプログラムで冒頭ジャンプを転倒するミスをしながらも以後を立て直して98.38点出し全体の1位で折り返した羽生結弦選手のフリープログラムの演技。
フリーの演技でも、最初の4回転ループ着氷後に大きくバランスを崩し転倒しそうになると、続く2本目の4回転サルコウにおいても着氷後大きくバランスを崩しまたもギリギリで転倒を回避した。
以後の右足あるいは左足を回転軸とするシットスピンなどで以前には見せなかった苦しそうな表情を見せ、右足首の怪我からの回復がまだ途上であることを窺わせた。
しかし中盤以降はジャンプの空中姿勢の美しさよりも転倒をしないことを優先させた粗い跳び方に切り替えたようで、転倒はしない代わりに3本のジャンプで回転不足の判定を受けることとなった。
羽生選手のフリープログラムの実施要素とスコアは以下の通り。

Executed Base Scores
Elements Value GOE J1 J2 J3 J4 J5 J6 J7 of Panel

4Lo 10.05 -2.94 -1 -3 -3 -3 -3 -3 -2 7.56
4S 9.70 -2.72 -2 -3 -3 -4 -3 -3 -2 6.98
FCCoSp4 3.50 0.77 2 2 2 2 3 2 3 4.27
StSq4 3.90 1.25 3 4 3 3 3 3 4 5.15
3Lz 5.90 2.12 4 3 4 4 4 3 3 8.02
4T< 7.60 0.46 2 0 1 0 1 -1 1 8.06
4T<+1Eu+3S 13.64 0.46 1 0 1 0 2 -1 1 14.10
3A+2T 10.23 0.64 1 0 1 2 -1 2 0 10.87
3A+3T< 12.50 0.00 -1 0 2 -1 1 -1 1 12.50
ChSq1 3.00 1.80 4 4 3 4 2 3 4 4.80
FCSSp4 3.00 0.90 3 4 2 1 3 3 4 3.90
CCoSp4 3.50 1.26 3 4 3 3 4 4 4 4.76
86.97 90.97
Program Components F
Skating Skills 2.00 9.00 9.00 9.25 9.00 9.50 9.25 9.25 9.15
Transitions 2.00 8.75 9.00 8.50 9.00 9.25 9.00 9.25 9.00
Performance 2.00 8.75 8.75 8.75 8.75 9.25 8.75 8.75 8.75
Composition 2.00 8.75 9.25 9.00 9.25 9.25 9.00 9.25 9.15
Interpretation of Music 2.00 9.00 8.75 8.75 8.75 9.25 8.75 8.75 8.80
89.70

フリーの得点は、技術点が90.97、演技構成点が89.70で、Total180.67点(FS1位)。
前日ショートの得点98.38点(SP1位)と合わせた合計点は279.05点。
この大会にはネイサン・チェン選手と宇野昌磨選手は参加していないので予想通りの優勝となったが、演技内容は、やはり右足首の不安が影を落としていたようである。

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました