団体戦ならではの名演出!羽生結弦ら日本代表が見せた感動的なエキシビションをもう一度

エキシビション

0

団体戦ならではの名演出!羽生結弦ら日本代表が見せた感動的なエキシビションをもう一度
———————————————————————————————————–
新型コロナウイルス感染拡大により多大な影響を受けた2020-21シーズン。北京冬季五輪のプレシーズンにあたる、この大事な一年を締めくくった最後の国際大会が「世界フィギュアスケート 国別対抗戦2021」だ。国際スケート連盟(ISU)主催の唯一のフィギュアスケート団体戦で、世界の強豪6ヶ国の選手たちが出場する中、日本は銅メダルを獲得。2009年開催の第1回大会から7大会連続で、日本代表選手が表彰台に上がった姿もまだ記憶に新しいだろう。

この大会の模様が、テレ朝チャンネル2のフィギュアスケート番組「フィギペディア」の6月13日(日)放送回で取り上げられる。フィギュアの奥深い世界をテーマごとにピックアップして秘蔵の映像でつづる、言うならばフィギュアスケートにまつわる”百科事典”のような「フィギュペディア」だが、今回は総集編として「世界フィギュアスケート 国別対抗戦2021」を振り返っていく。

男子シングル、女子シングル、ペア、アイスダンスという4種目の総合成績で競われる団体戦だが、今大会で圧倒的な強さを見せていたのが初優勝を飾ったロシア勢だ。絶対王者である米国代表のネイサン・チェン選手、日本のエース、羽生結弦選手が異次元の戦いぶりでトップ2を飾った男子シングル以外の種目は、全てロシア代表が首位を独占した。
Video: https://youtu.be/vKT8kHy2lUI

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました