宇野昌磨、引退を考えた瞬間や羽生結弦への思いを告白!怒涛のシーズン語る『2019-20 フィギュア激闘録』

インタビュー

0

宇野昌磨、引退を考えた瞬間や羽生結弦への思いを告白!怒涛のシーズン語る『2019-20 フィギュア激闘録』
——————————————————————————
羽生結弦、宇野昌磨、高橋大輔、紀平梨花という日本フィギュア界を代表する4選手の2019-2020シーズンに密着したオリジナルドキュメンタリー番組『2019-20 フィギュア激闘録』が、FODで配信中。#12「宇野昌磨 世界選手権2020 直前インタビュー」では、宇野が今シーズンを振り返りながら、フィギュアスケートを辞めようと思った瞬間や、全日本選手権で勝利した羽生結弦への思いなどを語った。
インタビューは2020年2月29日に行われ、「世界選手権2020」に向けた宇野への思いに迫るものだったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて、翌月の3月11日に大会の中止が決定する。宇野は番組の中で、ここ数年は涙を飲んでいた世界選手権に言及。いよいよ万全の態勢で迎えるはずだった今シーズンの大会について「涙で終わりたくないですね。ちゃんと失敗を引きずらない、最後まで諦めない演技をしたいです」と意気込んでいる。

一方で、宇野自身が「シーズンに入ったぐらいからが凄く大変でした」と振り返るように、怒涛の2019-20シーズンの中では、リンクから去ることを考えた瞬間もあったという。宇野は「ボロボロだったグランプリシリーズ。あそこで正直言うと、本当に今後のスケートのことを考えて……」と、ジャンプが飛べずに苦しんだことに触れ、「スケートを辞めようかなって思った自分もいた」と回顧。引退を思いとどまったのは「楽しんでスケートをしたい、思いっきり滑りたい」というフィギュアへの思いだったことを打ち明けた。
Video: https://youtu.be/Shxj_AaWOTg

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました