「勝たないと意味がない」羽生結弦がルール改正後の世界最高得点でヘルシンキ大会優勝

オリンピック

0

「勝たないと意味がない」羽生結弦がルール改正後の世界最高得点でヘルシンキ大会優勝
—————————————————–
平昌五輪男女金メダリストの羽生結弦とアリーナ・ザギトワが出場し、26年ぶりとなる現役五輪金メダリストの揃い踏みとなったヘルシンキ大会には、日本から羽生結弦の他、田中刑事、坂本花織、白岩優奈、本郷理華、須崎海羽、木原龍一組が出場した。2003年からグランプリシリーズを開催してきた中国の開催辞退により、急遽開催地となったヘルシンキへは日本から直行便が運航されファンにとっては比較的行きやすいヨーロッパの都市のひとつである。ヘルシンキといえば2017年3月にハートウォールアリーナで実施された世界選手権が記憶に新しいが、今回は収容人数8200名、オリンンピックスタジアムにほど近いHelsinki Ice Hallで開催された。

羽生結弦、世界初となる4T+3Aを着氷、ルール改正後の世界最高得点でシニアグランプリ初戦初勝利
グランプリシリーズ第3戦のヘルシンキ大会で注目されるのは何といっても、羽生結弦が9月のオータム・クラシックからどこまで調子を上げてきたかである。また、決まれば世界初となる4回転トーループ ー トリプルアクセルの連続技の成否にも注目が集まった。
本大会に向けより高い得点が出る構成に変更したショートでは、後半のジャンプでやや着氷が乱れた他は、ほぼパーフェクトな演技でルール改正後の世界最高得点となる106.69点を叩き出した。
Video: https://youtu.be/RgduamA3RZI

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました