羽生結弦の伝説曲「ロミオとジュリエット」で舞う 須本光希、今季フリーに強い思い「1試合1試合満足する演技を」

オリンピック

0

羽生結弦の伝説曲「ロミオとジュリエット」で舞う 須本光希、今季フリーに強い思い「1試合1試合満足する演技を」
————————————————————————-
学生アスリートにとって、大学卒業後のキャリアを考えることは避けて通れない道だ。卒業後も競技を続けるのか、引退して社会人として働くのか。関西大学政策創造学部3年のフィギュアスケート選手、須本光希(浪速)も悩んでいた。北京オリンピックシーズンに入り競技力向上を目指す一方、就職活動中の周りの声も気になる。そんな複雑な胸の内を明かしてくれた。

スケートをやめていたかも
須本は焦り、迷っていた。

「自分はスケートしかやってこなかった。社会人になるのが心配です」

大阪府泉大津市出身で、オリンピック2大会連続金メダルの羽生結弦(ANA)に憧れて本格的にスケートを始めた。めきめきと上達し、高校2年の2017年全日本ジュニア選手権で初優勝、ジュニアグランプリ(GP)ファイナルで銅メダルを獲得した。フィギュアスケートの名門、関西大学に通いながらトップ選手を目指す一方、来年度に迫る卒業と引退時期について考え始めている。
Video: https://youtu.be/MR2KfN-R_u8

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました