紀平梨花、羽生結弦も師事するブライアン・オーサー氏の下で迎える北京五輪

オリンピック

0

紀平梨花、羽生結弦も師事するブライアン・オーサー氏の下で迎える北京五輪
————————————————————————————-
フィギュアスケート日本女子のエース・紀平梨花は、新たな環境で北京五輪シーズンを迎える。

9月8日、紀平梨花はマネジメント会社を通し、練習拠点をカナダ・トロントに移し、クリケットクラブでブライアン・オーサー氏とそのチームの指導を受けることを明らかにした。現在、世界の女子シングルは男子顔負けの高難度ジャンプを跳ぶロシア女子が牽引している。その中で、元々の武器であるトリプルアクセルに加え、昨季の全日本選手権では4回転サルコウも成功させている紀平梨花は、ロシア女子に対抗できる数少ないスケーターだ。19歳で迎える初の五輪シーズンに、紀平梨花が並々ならぬ決意で臨むことが伝わってくる。

ブライアン・オーサー氏は、2014年ソチ、2018年平昌と五輪連覇を果たしている羽生結弦の指導者として有名だ。また、2010年バンクーバー五輪ではオーサー氏に師事するキム・ヨナが表彰台の真ん中に立った。バンクーバーから平昌までの3大会連続で、オーサー氏の教え子が五輪の金メダルを獲得していることになる。

紀平梨花がオーサー氏に師事するというニュースが最初に報じられたのは、昨年6月である。メインコーチは以前より指導を受ける濱田美栄氏が務め、第2コーチとしてオーサー氏にも師事すると伝えられた。しかしコロナ禍の影響もあってカナダへの渡航がかなわず、昨季の紀平梨花は主にスイスでステファン・ランビエール氏の指導を受け、日本では濱田氏にも師事するという状況になっていた。
Video: https://youtu.be/JC2ebFH0b0U

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました