羽生結弦

オリンピック

0

羽生結弦, by Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki?curid=1497003 / CC BY SA 3.0

#日本の男子シングルスケーティング選手
#オリンピックフィギュアスケート日本代表選手
#日本のオリンピック金メダリスト
#フィギュアスケートのオリンピックメダリスト
#スポーツに関する日本のギネス世界記録保持者
#紫綬褒章受章者
#国民栄誉賞受賞者
#全日本空輸のスポーツ関係者
#早稲田大学の人物
#早稲田大学出身の人物
羽生 結弦(はにゅう ゆづる、英語: Yuzuru Hanyu、1994年(平成6年)12月7日 – )は、宮城県仙台市泉区出身のフィギュアスケート選手(男子シングル)。
全日本空輸 ANA所属。
早稲田大学(人間科学部)卒業。
主な表彰は、2018年国民栄誉賞(個人)最年少受賞者。
2020年ISUアワード 初代最優秀選手賞受賞。
2014年・2018年紫綬褒章。
主な戦績は、2014年ソチ五輪・2018年平昌五輪2大会連続オリンピック金メダリスト。
2020年主要国際大会6冠全制覇を果たしスーパースラム・ゴールデンスラム。
2014・2017年世界選手権各優勝。
2013・2014・2015・2016年グランプリファイナル4連覇。
2012 – 2015年・2020年全日本選手権通算5回優勝。
世界ランキングは2013/14 – 2017/18年まで5シーズン連続1位。
主な記録は、2016年オータムクラシックのショートプログラム においてISU公認の大会で史上初の4回転ループに成功。
ISUジャッジングシステムのもとに開催された国際大会において、史上初めてショートプログラムで100点、フリースケーティングで200点、トータルスコアで300点超えを達成した男子選手。
+3 / -3 GOEシステム時代におけるショートプログラムで112.72点、フリースケーティングで223.20点、トータルスコア330.43点の世界記録保持者。
2019-20シーズンの終了時までに世界記録を通算19回更新 している。
1994年12月7日、宮城県仙台市泉区に生まれる。
名前は「弓の弦を結ぶように凛とした生き方をしてほしい」と父が命名した。
鷹乃杜幼稚園、仙台市立七北田小学校、七北田中学校、東北高校、早稲田大学人間科学部卒業、卒業論文は学術誌に掲載されている、2020年早稲田大学「校友会稲魂賞」 及び、小野梓記念賞 を受賞。
血液型はB型。
羽生結弦『サイン』 2歳のころから喘息(ぜんそく)の持病があり、スケートを始めた当初の目的のひとつは、喘息を克服することにあった。
15歳のときに、喘息の持病がありながら五輪金メダリストになった清水宏保に会う機会があり、スケートを続けていくための助言を得た経験がある。
肺を大きく開いて息を吸い込むことができないため、特に10代のころは体力や持久力の面で劣ると指摘されてきたが、投薬治療や吸入薬、鍼治療、気道を開く施術、移動時や練習時にマスクを着用することで心肺機能を上げるなどの対策を続け、体力面のハンデは大幅に改善された。
しかし完治したわけではなく、特に練習拠点をカナダに移してからは、環境の変化により激しい発作に襲われることが増え、現在(2017年時点)も発作を起こすと明かしている。
演技前に必ず行う胸の前で十字を切るような動作は、実際には「士」の形を描いており、「ジャンプの回転軸と両肩を平行に保つ意識を確認するためのおまじない」である。
2015年11月以降から、両手で天を仰ぐような動作を最後に加えるようになった。
影響を受けた選手として、エフゲニー・プルシェンコ、ジョニー・ウィアー、ステファン・ランビエール、ハビエル・フェルナンデス、ディック・バトンを挙げている。
特に2002年ソルトレイクシティ五輪でのプルシェンコの演技を見て心酔し、技の手本とするに留まらず、彼のマッシュルームカットまで真似した時期もある。
彼の得意技であったビールマンスピンをプログラムに取り入れリスペクトを示してきたが、2018 – 2019シーズンには『ニジンスキーに捧ぐ』へのトリビュートとなるプログラム『Origin』に自ら挑んでいる。
これに対し、プルシェンコも羽生を賞賛する言葉を多々述べている。
2015年のNHK杯で3つの世界記録を更新した翌日のインタビューでも、理想とする王者像はプルシェンコであり「彼のような存在になれるように努力していきたい」と述べている。
2015年世界選手権 公式練習 2011年GPシリーズ 「ビールマンスピン」 ジャンプ、スピン、ステップの全方位に秀でたオールラウンダーである。
ジャンプは、準備動作が少なくてもただちに跳ぶ…

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました